oonomi.net
  HOME大呑見どころ>四郎左衛門の碑
 大呑地区には、人々が忘れつつある日本の原風景が残されています。この原風景こそが宝の山です。この資源を再認識し生かしていくことが地域の活力となることでしょう。
 

  四郎左衛門の碑 

七尾市山崎町小川内  Map 
四郎左衛門は、「小川内町」に住んでいました。そして、「八久保」の地に新田を開きました。

ところが、山崎村(町)の枝村であることから、山崎村と水利問題・年貢などで争いが起こりました。
 四郎左衛門は、小川内村の独立を願い、箱訴を決意し江戸に行きましたか、箱訴は取り上げられず、家禄も取り上げられ、七尾の郡町奉行所の牢内で亡くなりました。

 村人は大正時代になって、四郎左衛門の功績に対し石碑を神社の横に建立しました。

 
indexに戻る


大きな地図で見る


お問合せ 大呑グリーン・ツーリズム事務局 電子メール:info@oonomi.net