oonomi.net
地域づくり団体全国研修交流会
石川大会七尾薬師の里分科会


 
 分科会レポート 平成16年9月3日(金)~4日(土)
1 テーマ


メインテーマ: 「体験交流プログラムを創ろう!」
サブテーマ:「何もないからはじめる農村漁村生活体験」

2 開催趣旨


南大呑地区振興懇話会が、平成5年3月にRAP(ルーラルアメニティプラン)構想「神代ロマン、薬師の里・能登大呑郷」を策定してから、11年が経過しています。この間、「薬師の里フェスティバル」が今年で9回目の開催を終えました。この地区懇話会は今では消滅してありませんが、各地域づくり団体(大呑薬師塾・大呑郷土食研究会)が誕生しそれぞれの目標を掲げて活動を展開しております。そして、塾からは大呑グリーン・ツーリズム推進協議会、保育園を含む複合施設化をめざすふるさと支援交流センター設立委員会、郷土食からは南大呑地区食品加工協議会がこのRAP構想の4本柱である、「人づくり、夢づくり、環境づくり、産業おこし」をめざして組織化しております。 今回は、この地域を魅力あるものにしていくために取り組んでいるグリーン・ツーリズムに焦点をあて、今までの取り組みの検証と何にもないから始める地域のプログラムづくりを意識して、地域経営や地域づくりに必要な知恵「地域知」を全国各地から集まる仲間たちとの交流から創造することを目的に本分科会を開催しまた。

3 主 管


大呑薬師塾・地域づくり団体全国研修交流会石川大会七尾薬師の里分科会実行委員

4 後 援 会

南大呑地区町会連合会、南大呑公民館
5 開催日

平成16年9月3日(金)~4日(土)
6 会 場

分科会前編:七尾市山崎町「光円寺」
分科会後編:七尾市黒崎町「涛南中学校 地域開放施設」

7 日 程

プ ロ グ ラ ム
第1日目 平成16年9月3日(金)前編
  時間 内容  
  15:15 全体会場発(穴水のとふれあい文化センター)  
  16:00 七尾市役所着(エスコーター交代)
自己紹介と地域案内
 
  16:10 七尾市役所発~瀧川工房~光円寺着
地域視察案内スタート
 
  17:30 小休止・・・光円寺ティータイム  
  17:40 受付開始  
  18:00 開 会
歓迎あいさつ
実行委負長   井上  正
来賓あいさつ
七尾市 市長  武元 文平
南大呑公民館長 昇  達
 
  18:10 講演
「四万十ドラマの活動から得られるも」
講師:畦地 履正
 
  19:20 交流会
地域の宝の山(バイキング方式)のおもてなし
乾 杯   副実行委員長 平 繋昭
食し方講釈 郷土食研究会 濱 和代
 
    裏方紹介 これが人の宝の山木原友枝
中〆 副実行委員長  岡部 淳子
 
  21:30 夜なべ談議
畦地、濱先生にコーディネート
 
  23:00 閉会  
 

プ ロ グ ラ ム
第2日目 平成16年9月4日(土)後編
  時間 内容  
  6:00 民泊先出発  
  6:15 海の美術館佐々波漁港 
海の男のロマン漁体験談 
「差別化を図る能登七尾の魚」
~人・環境を考えた漁業~
 
  8:00 朝食づくり―――班分けで
男料理は、豪快に豪勢に!
裁き講釈後にお刺身と鍋用仕込み開始
 
  8:30 朝 食  
  9:15 小休止
(民泊先~荷物移動)朝シャンタイム
 
  10:00 果実酒づくり
講釈と並行して実技実演と体感
 
  11:00 全体会
体感から生まれるグリン・ツーメニュー
開 会
あいさつ  実行委兵長 井上  正
評価・提案  参加者一同から発表
好評   畦地履正
濱 博一コーディネーター
決意表明 郷土食研究会  濱 和代
閉会あいさつ副実行委員長 平 繋昭
 
  12:00 昼 食 たこ飯
記念撮影
 
  12:40 解散・・・マイクロでJR七尾駅へ  
 


お問合せ 大呑グリーン・ツーリズム事務局 電子メール:info@oonomi.net